2017年度民美  月曜美術講座 公開講座第4回

岡本博の日本画について

講師 岡本博(日本美術会会員)

日時:2017年9月11日()13時30~16時30 

会場:民美アトリエ 【民美研究生は無料。一般の方は1,080円となります。】

〇 主権在民・戦争放棄の平和憲法のもとで有史以来ともいえる高まった文化芸術運動への庶民の熱い願望を表現したいとの思いで日本画を描き続けて60余年。
〇 和紙、筆、墨、そして岩の粉や土などでできた絵具の魅力と膠・・・
〇 東洋画、日本画の背骨ともいえる、描線の深さ、豊かさ、そして強さ それは変転する動きの中に物の本質を見ることで線に要約される。没骨描法でもそれは大切です
※画像のクリックで拡大します
soutatsu1.jpg
俵屋宗達「蓮池水禽図」
choujyuugiga.jpg
「鳥獣人物戯画」 部分
sessyuu.jpg
雪舟 「山水長巻」部分
 岡本博氏  経歴
1993年三重熊野に生まれる
1951年東京芸術大学日本画科入学
1955年芸大卒業後・日本アンデパンダン展に出品
1970年新鋭の日本画家展(あかね画廊)
1972年新鋭選抜展(日本橋三越)
1979年銀座セントラル絵画館で連続企画個展
1998年岡本博とその弟子達展(熊谷守一美術館)
2003年ベルリンで1ヶ月個展・平和展・職美展・個展等多数