日韓美術交流ニュース  2005.10.13

日本美術会国際部
kyouto

前略。韓国・公州への人的交流参加者は11日(一人9日に)全員無事帰国いたしました。公州の「韓日美術交流 協会」の計画した日程に従って、韓国や公州理解のために、博物館や寺、扶余観光、百済祭りの行事など参加し、また金明泰・金杜瑛・李應雨ら役員や、若い会 員の方が同行してくれたし、時には夜遅くまで飲んで親しんだ。韓国初体験が多かった今回の公州訪問者には、感動的な日々になったと思う。帰国早々の報告写真ニュース1号(文責・木村勝明)

※画像をクリックする と大きく表示されます。

alt alt alt
「韓日美術交流展」会場入口 (9日)
会場内でのスナップ写真 (9日)
鶏龍山甲寺でのスナップ。 雨の日でした(7日)
alt alt alt
民俗劇博物館の展示から (7日)
ムリョンワンヌンの円墳群の上で公州を背景にする(6日)
国立扶余博物館にて
ソテの前で (8日)
alt alt alt
扶余の落花岩の上で
百済滅亡の象徴の場所、天馬江が流れる (8日)
韓定食形式でトルソッパ、沢山の 葉っぱで包んで食す。
YATOOハウスでのバーベキューパーティー、
星がきれいでした(8日)
alt alt alt
百済文化祭の夜のステージは 文化性の高い催しでした。 (7日)
松岡さんは和服でオープニングセレモニーへ参加 
自作の前で 宮 田さんも和服でした)
久保田さん作の前で、金明泰氏と
▲top