日本美術会のあゆみ5 
創作と会活動の高揚期
1972年~1988年(創立25周年~新橋時代)

1972.2

第25回日本アンデパンダン展


小室寛「牛と若者」

岡本博「街」
 
1972.5

25周年記念誌発行
「日本アンデパンダン展の25年歴史と作品」

 
1974.6

第1回日本美術会展 8/27~9/1


第1回日本美術会展 ポスター

出品者数:182名

作品数:304点

入場者:1,695名

 
1975.2

第28回日本アンデパンダン展 2/18~3/2


いわさきちひろ「戦火の中のこどもたち」

渡辺皓司「沖縄と戦争より(祖母と孫)」
 
1980.7

夏期講習会南紀・太地町 7/27~29


事業部長:石井公彦 参加:120名
 
1982.2

第35回日本アンデパンダン展 2/25~3/11


特陳:35周年記念展(85名)
1982.2

日本アンデパンダン展・日本美術会
35周年記念「50年代の軌跡」発行

 
1982.8

第3回日本美術会展 8/17~22
特別陳列:まつやまふみお遺作

 
1983.6

第28回日美総会 6/4-5 川崎市民プラザ

 
1987.2

第40回日本アンデパンダン展 2/28~3/12

 
1987.7

夏の写生講習会信州・塩田平 7/24~27

実行委員長:坂下雅道参加者:77名

 
1988.9

第6回日本美術会展9/25~10/2

キューバ現代美術を特陳