9条改憲に反対し、平和を守る緊急アピール

 

いま、憲法9条が危機に瀕しています。安倍首相は「改憲は歴史的使命」と強調し(2018年自民党新年あいさつ)、今年の国会での発議にむけて動きを強めています。

いうまでもなく、日本国憲法の平和原則は、300万の国民と、数千万人のアジアの人々に傷ましい犠牲をもたらした戦争への痛切な反省の上にうちたてられたものです。戦後70年余、日本が「戦争で一人も殺さず、一人の戦死者も出さない」で過ごしてきたのは、憲法9条の存在と、それを支える国民の熱い思いがあったからにほかなりません。安倍政権は「9条1、2項はそのままに、3項に自衛隊の存在を書き込むだけ」と称しているものの、集団的自衛権を付与された自衛隊が、国際紛争の矢面に立つことになるのは、まさに憲法の平和原則の一線を乗り越えて、日本が「戦争する国」へ変貌することを意味します。

国際社会では日本人は非常に信頼されているといいますが、その信頼の高さは、戦争しない国への信頼、すなわち憲法9条への信頼であると言い換えてもいいのではないでしょうか。この信頼を裏切ってはなりません。

72年前(1946年)に日本美術会は発足しました。戦争中に美術と美術家が国家の進める戦争に利用されたことへの痛恨の思いが原点となっています。戦争は生命の消耗だけでなく、必ず文化も消耗します。「戦争できる体制」は必ずそのための精神の動員を要求してくるものであると、私たちは戦中の体験から、教訓を得ました。自由な美術の創造と平和とは表裏一体のものです。

いま、全国7000余りの草の根「9条の会」をはじめ、戦争法廃止、9条守れ、の市民運動が大きな潮流となり、その結集点として「安倍9条改憲NO!」の3000万署名運動が全国ですすめられています。

私たち日本美術会も、この大きなうねりに合流し、いま、火急の時であるとの認識をあらたにするとともに、「9条守れ」の叫び声をさらに大きくし、さらに広げていくことを決意します。広範な美術家の方々との連帯を願いながらアピールとします。

         2018年4月22日 日本美術会 

緊急のとりくみをお願いします。

1、「安倍9条改憲NO!」3000万署名の達成のために

  再度の取り組みをお願いします

 自民党はことしの国会で改憲案を発議し、一気に国民投票にまで持ち込もうとねらっています。「3000万人署名」はこの発議を許さないことを目標にしています。先の総選挙での投票総数は5500万票、3000万人はこの過半数です。いま、地域でも保守層も含めた署名推進の共同が広がりつつあります。3000万署名5月達成にむけて、全国のうねりに合流してがんばりましょう。緊急に再度の取り組みをお願いいたします。

〇前回からさらにひろげ、ご家族、知人、などひとりでも多くの人によびかけてください。

〇署名した用紙はできるだけ早く日本美術会事務局までお送りください。

 

2、5月3日の憲法集会に参加しましょう

5.3憲法集会 9条改悪NO!平和といのちと人権を!2018

日時:2018年5月3日(木・休)
場所:有明防災公園(東京臨海広域防災公園)
主催:5・3憲法集会実行委員会 

ゆりかもめ「有明駅」10:00に集合、日本美術会の旗を立てます。