「戦争をする国」への道は、自由な創造を破壊する道

憲法9条と表現の自由を断固守りぬく声明

「かつて戦争は目本の美術を傷つけ破壊した。戦争に反対することは美術家の責務である。われわれは人類の生存を脅 かす核兵器の廃 絶をめざし、戦争と侵略をやめさせ、ファシズムを防ぎ、表現の自由を確保し、平和な世界をつくるために美術家としてあらゆる努力をする。」(日本美術会趣 旨より)

日本美術会は、日本の侵略戦争の痛恨から、1946年、上記趣旨を掲げて 結成されました。以来、様々な歴史の節目にあっても、常に平和と民主主義、表現の自由と美術家の権利擁護のために奮闘してきました。それは、戦争が自由な 創造を破壊した苦い経験が戦後の美術家たちをその道に歩ませたものです。

平和を守る国民の力は、世界に誇る平和憲法の下で、戦後60年間一度も戦争で人を殺していない国という輝かしい歴史を刻んできま した。

しかし、いま、アメリカの一国主義による戦争戦略に追随する小泉内閣と与党の自民党、公明党に加え、野党の民主党も、日本をアメ リカと一緒に「戦争をする国」につくりかえるため、その足かせとなっている「憲法9条」をかえる策動を加速させています。

いま、世界の流れは、アジア・中東・ヨーロッパやオセアニアでも、軍事同盟が崩壊し、平和の共同体がつくられ、国連憲章にもとづ く平和の国際秩序をめざす大きな流れがすすめられてきている中で、ただ日本とアメリカだけが軍事同盟強化の道を歩み続けています。

「戦争をする国」への道は、自由な創造を破壊する道であることは、あの日本の侵略戦争が若き美術家たちを戦争に駆 り立て、多くの 美術家を戦争協力の道へ巻き込んだことを見れば明らかです。二度とその道を歩むことのないよう、いまこそ圧倒的多数の国民の願いを集め、戦争への道を拒否 していかなければならないと思います。

「憲法9条を守れ」の声は、いま日本のすみずみに広がり始めています。

私たち日本美術会は、組織の総力をあげて憲法9条と表現の自由を断固守りぬくために、あらゆる美術家の方々と力を合わせて奮闘す ることを表明します。

2005年7月31日   日本美術会第39回総会 (特別決議)