ベルリンより 23( http://www.etsko.com/ )

皆さま、お元気ですか?
こちらの公園ではクロッカスの花も咲き始め、そろそろ春めいてきました。
今冬のベルリンは零下10度ぐらいまで気温が下がることもなく、例年より暖冬です。
日曜日は気温が16度まで上がり、コート要らずの暖かさでした。

世界情勢は流動的で平和には程遠いけれど、
出来る限りの範囲で、地道に生きていくしかありません。
絵を描くことで平和を声高に叫んでみても世界から見たら小さい声でしかなく、、。

さて、先月、2月7日に行われたマルチナ・ウィンターレ展オープニングは ミチコとニーナの息のあったバイオリンとチェロのバッハ2重奏で幕を開けました。
マルチナ作品は昨年よりも進化して、深みも増し見ていて飽きません。 写真を合成した上にアクリルで描いた作品に、味わい深いものがあり、怖い存在です。 画像を送ります。

Etsuko 104 Etsuko 105
壁1 壁2
Etsuko 106 Etsuko 107
壁3 壁4
Etsuko 108  
ミチコとニーナの二重奏
Etsuko 200

田中悦子展 ‐ベルリンは今‐             

2015年3/20(金)- 31(火)(25日休み)
調布 ギャラリー「みるめ」
午前11時から午後6時まで
このたび、ギャラリーみるめで個展をします。
個展に合わせて里帰りし、20日金曜日と21日土曜日の二日間、在廊します。
今回は2014年夏から描き始めた新作展示です。
是非、おでかけください。
又、六本木の国立新美術館で3月18日から30日まで日本アンデパンダン展が開催されます。
国際展示企画「地の種」展に
ベルリン在住のジーラ・ウルリッヒ、ペール・トラルフ・プレフケ、マルチナ・ヴィンターレと田中悦子の4作家作品2点ずつ出品します。
是非、合わせておでかけください。