ベルリンより 24( http://www.etsko.com/ )

皆さま、お元気ですか?

東京・調布のギャラリーみるめでの個展もオーナー森利恵子氏、マスター森文男氏のご尽力で無事に終了しました。 ベルリンでは3月27日から、アトリエエツコで田中悦子個展が始まりました。

オープニングコンサートは、ミチコとニーナの息のあった重厚なバッハ演奏で幕を開け、続いて、ボッケリーニの悲しいメロディーで締めくくりました。

今回の個展はギャラリーみるめでの展示作品と同時進行で描いたもので大作中心です。

最新作はベルリンに戻ってから4日間で描いた「シベリア」で、羽田からベルリンに向かう機内から眺めたシベリア平原の印象です。

ヨーロッパと日本はつくづく遠いと思います。

ベルリンからヨーロッパ各国まで2時間以内で行けるので、ドイツ人に日本までの飛行は10時間以上かかると言うと皆、一様に驚きます。

HPにもアップしましたが、調布・ギャラリーみるめとベルリン・アトリエエツコでの個展画像を送ります。悦子

Etsuko 114 Etsuko 115
みるめ展 左から 罪と罰、ベルリンの壁  みるめ展 左から 平和の鐘、ロシアからの便り、
霧、白痴
Etsuko 116 Etsuko 117
 みるめ展 左・黒い絵から 壁公園の日曜日、
マレーヴィッチの湖 エル・グレコ
 みるめ展 左から エル・グレコ、30歳の夏、
ベルリンの大晦日 ヨーゼフ・ボイス生誕93年
Etsuko 109 Etsuko 110
 みるめ展 中央 ヨーゼフ・ボイス生誕93年  みるめ展 左から スプレー運河、 ベルリン天使の詩
Etsuko 111 Etsuko 112
 みるめ展 左から 初恋、ゴヤの誕生日 ルオーの涙、
ベルリンの天文台、 ベルリンでみたベン・ハー
 みるめ展 右から 生姜茶、貧しき人々、
白鳥の怒り、 ティチアーノの頃
Etsuko 113 Etsuko 118
 みるめ展 左から ニコラ・プーサン
ヘンゼルとグレーテル
 みるめ展 真ん中 さらば、ジャスパー・ジョーンズ
Etsuko 119  
 みるめ展 左から 突風、未成年 ドラクロワの船 悪霊  
Etsuko 120 Etsuko 121
 アトリエ展 ミチコとニーナの演奏  アトリエ展 右から モーツァルトのために
マリー・アントワネット 生命の喜び
Etsuko 122 Etsuko 123
 アトリエ展 下から ベルリンの長い夜 マグデブルク  アトリエ展 右から シベリア 生命の喜びーバフ
Etsuko 124 Etsuko 125
 アトリエ展 右から 近づく春 ヨーロッパの彼方  アトリエ展 中央下から 危険な橋 世界王者
ブランデンブルク門とバフ